ED治療の特効薬バイアグラのインド製ジェネリック「シラグラ」

男性の性の悩みといえば、やはりダントツはEDでしょう。
女性を喜ばすことができないという自信喪失ははかりしれない悩みです。
このED治療の特効薬として登場したのが有名なバイアグラという薬で、ファイザー社が新薬として開発し承認されて市場に出回っています。
新薬というのは、何もなかったところに開発・研究・実験を積み重ねてできた医薬品のことです。
新薬をひとつ閑静させて世の中に出すには大変な手間と時間、それにコストがかかっているわけです。
開発するのにコストがかかっている薬は、当然薬価が高くなります。
バイアグラの価格が高いのはそういった理由です。
実際、バイアグラがED治療に有効であっても、長期間継続してバイアグラを使った治療を受けるとなると費用面での負担が多き過ぎて無理、という男性も大勢います。
でも、安心してください。
医薬品には、バイアグラのように開発から手がけられて製造されている新薬とジェネリック医薬品というカテゴリの薬があるからです。
このジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれています。
新薬はつまり先発医薬品ですが、新薬には製造の特許があってその特許の期間が続いている間は同じ成分や内容の薬を他の製薬メーカーが作ることは禁じられています。
それが特許が満了になりますと、同じ内容の薬を他のメーカーが作ることが解禁になるのです。
こうして作られた医薬品がジェネリック医薬品です。
新薬とジェネリック医薬品は成分や内容は同じなのですが、決定的な違いがあります。
それは、ジェネリック医薬品は既に作り方や効能がわかっている薬を製造するということです。
ですから、新薬のように開発して実験・治験の結果認可されるという手間やコストを一切かけずに作ることができるのがジェネリック医薬品です。
結果として低コストで製造されていますから、市場に出回る時も安価で販売されるのがジェネリック医薬品の最大の特徴であり利用するメリットでもあります。
このジェネリック医薬品ですが、インドで盛んに製造されているのをご存知でしょうか。
これには、インド国内の製薬特許の仕組みが背景になっています。
インドの製薬ルールでは成分の特許制度がないので、同じ成分を配合した薬もジェネリックとして認可され世界中に輸出して大きなシェアを占めているというわけです。
さてED治療のためのバイアグラにもこのジェネリック医薬品があります。
シラグラというのがバイアグラのジェネリックで、本場インドの製薬メーカー、シプラ社が開発した薬です。
ジェネリック医薬品ですから、本家のバイアグラの有効成分であるシルデナフィルがこのシラグラにも使われています。
効能についてももともとのバイアグラと同じ効果が期待でき、しかもバイアグラに比べてf半分以下という超安価で入手が可能です。
もちろん、医薬品ですし内容がバイアグラと同じなので禁忌事項などについては医師の指導を守ることが大前提ですが、費用の面でバイアグラを使った治療の継続を諦めてしまった型にはぜひ一度チェックしていただきたい薬です。

Comments are closed.