バイアグラより圧倒的に安いシラグラを活用しよう

バイアグラを飲みたいけど価格が高すぎて手が出ない方は、バイアグラジェネリックのシラグラを試してみるといいでしょう。
インドの製薬会社が製造している商品であり、個人輸入という方法で取り寄せることができます。
日本で販売されているジェネリック医薬品と比較して、シラグラは非常に安くなっており、安いところでは150円くらいで販売しています。
毎日性行為をするとしても、30日間4,500円ですんでしまうのですから、大きな負担とはならないでしょう。
これがバイアグラの場合ですと、1錠1,000円以上はしますので、7~10倍は高価だと考えていいでしょう。
効き目に関しては100%同じとは言えませんが、大きな違いはないのが現状です。
成分が同様なのに効果に若干の違いが生じるのは、製造工程に違いがあるからです。

ジェネリックのED治療薬は、日本では販売していませんので、個人輸入によって取り寄せるしかありません。
送料無料の個人輸入代行サイトを利用すれば、商品代だけでOKです。

個人輸入にはクリニックに行かなくてもED治療薬が購入できるメリットがあります。
また、ジェネリック医薬品を用意しているので、正規品よりも圧倒的に安く購入することができます。
その反面、怪しい業者が存在するのも事実ですから、業者をしっかりと見極めてから購入する必要があります。
また、はじめてED治療薬を取り寄せるという方は、クリニックで検査を受けておくことをおすすめします。
シラグラは精力剤ではなく、シルデナフィルという薬効成分を含んだ医薬品です。
持病、飲み合わせの薬などとの関係で、服用できない方もおります。
狭心症の方も注意が必要であり、硝酸剤と服用することで命に関わる危険な状態に陥ることもあります。
個人輸入代行サイトで購入する前に、クリニックでバイアグラを飲んでも大丈夫か聞いておく必要があるでしょう。
バイアグラを飲める方ならば、そのジェネリック医薬品であるシラグラを飲んでも問題ないでしょう。
シラグラを服用される方は、EDの原因を解消していくことも重要となるでしょう。
運動が嫌いで肥満の方ならば、まずは肥満解消のために運動をしてください。

運動をしない人ほどEDになりやすいことがわかっており、これはスタミナ・筋力の低下などが関係しているようです。
また、肥満は血流を悪くしますから、陰茎の海綿体への血液の流れも悪化して、十分に勃起しなくなるのです。
血液の流れが悪い、または汚れている状態というのは、EDにとって非常に悪いのです。
血液がドロドロしていてうまく流れなければ、ペニスの毛細血管に血液がうまく行き渡らないため、十分な硬さを維持できなくなるのです。
生活習慣を改善しながらED治療薬を飲めば、より短期間での治療が可能となります。
特に高血圧、糖尿病、脂質異常症に該当する方は、生活習慣の見直しが必要でしょう。
暴飲暴食を避けて、減塩を心がけた食生活を送りましょう。

Comments are closed.