シラグラはバイアグラのジェネリック医薬品です

今、若い人の間でも勃起不全に陥ってしまうと言う人が増えていると言われ、その理由として、日々の生活が忙しすぎると言うのです。
朝早くから起きて会社へ出勤、そして夜遅くまで残業をして帰る、そんな状況で夫婦生活を頑張ろうと思ってもなかなか出来ないと言うのも、本音ではないでしょうか。
そんなことをしているうちに、セックスレスの生活になってしまい気がついたら勃起不全になっていたなど言う人も多いようです。
子供の頃には「朝立ちや、小便までの命かな」と言われた朝立ちも、いつしかなくなっていることにも気がつかない人もいるのではないでしょうか。
そんな勃起不全の人のために発売されたのが、バイアグラでした。
日本では1999年3月から発売されるようになったこのバイアグラですが、勃起不全に悩んでいる人たちにとっては、かなりの朗報でもありました。
それまでは、精力剤と言われるスッポン料理を食べるとか、マムシドリンクや朝鮮人参などのサプリメントに近いものを摂取していたのです。
ですからこれらの商品は、価格が高く一般の人たちには手に入れづらいものでもありました。
ですからバイアグラの登場は、誰もが目を輝かせて待っていたのです。
このバイアグラ、先発医薬品と呼ばれる薬で、薬としては価格が高く設定されています。
ですからジェネリック医薬品と呼ばれる後発医薬品の登場が待たれるのですが、インドでは国情もあり、普通の国より早くジェネリック医薬品を作ることが出来ました。
そこで出来たのがシラグラと言うバイアグラのジェネリック医薬品です。
主な成分が同じであることから効き目は、変ることがありません。
そこで価格差が気になって来るのです。
バイアグラはバイアグラ50mgで1錠の価格は、1,500円程度と言われています。
これに対しシラグラが100mgで1錠価格は、280円前後になっています。
更にシラグラはこの時点で100mgですから、これを半分に割って使用しても良いのですから1錠当たりの計算では、なんと140円ほどにしかなりません。
実にバイアグラの10分の1程度になってしまいます。
これだけ価格が違い、効き目が同じで身体に対する影響も問題ないとなれば、誰もがシラグラを購入してしまうことになるのでしょう。
シラグラもバイアグラと似た薬になりますので、食後の服用は効き目が薄くなってしまい効果がない場合も多く出て来ますので、空腹時での服用になります。
もし食事をすることがあるとすると早め、少なくとも30分以上前には服用することになるのでしょう。
またアルコールの摂取も気をつけることが必要です。
雰囲気を出すためアルコールも必要と言う人もいますが、大量に摂取すると血管が更に拡張してしまい、アルコールが急に回り始めることにもなってしまいますので、注意が必要になります。
薬の持続する時間は、個人差もあるようですが4時間の効果は最低でもあります。
人によっては、5時間も6時間も大丈夫と言う人もいるようです。
十分な持続時間はあると考えてよいのでしょう。

Comments are closed.