シラグラの使い方を理解しよう

 

優れたED治療薬が登場したこともあり、今や多くの男性が悩みを気軽に改善できるようになりましたが、その医療費の負担で悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
EDは男性に取って深刻な悩みとなっていますが、生命に別状のある病気ということではないこともあり、保険適用の治療ではありません。
それゆえに治療費も自費となっており、薬も一錠あたり1500円前後が必要など、決して安いとは言えないものがあります。
そして、薬の効果はいつまでも続くというものではなく、人気の高いバアイグラやレビトラなら4~5時間程度とされています。

そして、薬が切れたらまた体も元の状態に戻り、性行為のたびに勃起を促進する薬を使っていかなくてはいけません。
できれば薬はもっと安く購入できればとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分で同じような効果効能があるとされながらかなり低価格で販売されている薬です。
ED治療薬もジェネリックが利用できるようになれば、より気軽に治療を続けていくことができますので、その登場が待たれています。
ジェネリックは新薬の特許が切れてから他の製薬会社が製造販売する薬となっていますが、やはりそれまで待っていられないという方もいらっしゃるのでしょう。
そこで注目されているのが、海外医薬品の個人輸入で購入できるED治療薬のジェネリック的な医薬品です。

すでにバイアグラ、レビトラ、シアリスともジェネリックが製造販売されており、同じ有効成分でありながらかなりの低価格で購入できるのが魅力です。
そして、こうした薬はほとんどがインドの製薬会社で製造販売されています。
ジェネリックというと、どれを選んで良いのか悩まれている方もいらっしゃると思いますが、バアイグラのジェネリックをお探しならシラグラに注目してみてはいかがでしょうか。
シラグラは医薬品の個人輸入代行業者のサイトなどで見つけることができますが、お店によって価格には違いがあるものの、4錠入りのものが一箱1800円程度、それゆえにバイアグラの4分の1から5分の1程度の金額で購入が可能です。
そしてまとめ買いをすれば、一錠の価格はさらに安いものとなります。

それから、シラグラもバイアグラと同じく有効成分はシルディナフルですが、バイアグラが国内販売のものが25mg、50mgなのに対し、シラグラは100mgとなっていますので、まずはカットして、少ない量から試してみると良いでしょう。

一錠を2回、もしくは4回に分けて利用が可能ですので、さらに1回ごとの価格は安くなります。
同じ効果効能が期待できる薬ですが、副作用や禁忌も同じように起こる可能性がありますから、事前によく確認し、健康に不安のある方は医師に相談してみると良いでしょう。
それから、バイアグラと同じように食事や飲酒の影響を受けやすいので、飲むタイミングには気をつけたいものです。

Comments are closed.