シラグラとはどんな医薬品なのか

医薬品も新薬とジェネリックがありますが、最近は同じ有効成分でありながら、かなり低価格で購入できるジェネリックを選ぶ方も増えています。
ジェネリックがすでに開発されている薬であれば、医師に相談するとそのジェネリックを出してもらうことができますので、より治療費を抑えたいという方は相談してみると良いでしょう。
保険適用ではない治療の場合はどうしても治療費も高くついてしまいますが、ED治療薬もまた保険適用されない薬となっており、医療機関によって価格には差がありますが、一錠でも1000円~2000円程度は必要となります。
そして、薬は飲んでいるときのみの効果ですので、継続して購入していくとなるとかなりの出費となる場合もあり、ジェネリックがあればと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ジェネリックがあれば、かなり治療費は抑えられ、性生活もより充実させることも可能ですが、ED治療薬はまだ日本では認可されていませんので、医師に相談しても出してもらうことはできません。
でも、薬をより安く購入する方法はあり、それが海外医薬品の個人輸入です。
個人輸入というと難しい手続きが必要なイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、代行業者を通じて購入すると、初めての方も簡単に外国の医薬品の購入が可能となります。
すでに日本販売の薬もより安く購入できるので、そうした目的で輸入を利用されている方もいらっしゃいますが、日本ではまだ認可されていないバイアグラやレビトラのジェネリック、コピー商品もすでに海外では広く使われており、こうした薬を注文することも可能です。
しかもジェネリック的な医薬品は同じ有効成分でありながらかなり低価格で、数分の1から10分の1程度などかなり価格も抑えられています。
バイアグラは人気のED治療薬ですので、そのジェネリックも様々な種類が販売されており、シラグラもそのひとつです。
シラグラもバイアグラと同じく、有効成分はクエン酸シルディナフルで、血管を広げ、勃起に十分な血流を確保してくれます。
バイアグラと同じように飲んでから30分から一時間程度で効き始め、性的な刺激、興奮を与えることで作用されるとのことです。
効き目は4~5時間程度とされていますが、クエン酸シルディナフルは食事の影響を受けやすい薬ですので、できるだけ空腹時に飲んでおくのが良いでしょう。
国内で販売されているバイアグラは25mg、50mgとなっていますが、シラグラは100mgとなっており、半分でも十分な効果を得られますので過剰に飲みすぎないよう気をつけたいものです。
血行を改善するので、顔がほてる頬が赤くなるなどの副作用が出る場合もありますし、その他の副作用もバイアグラと同じように出る可能性がありますので、副作用についてもチェックしておきましょう。
さらに、心臓疾患でニトログリセリン系の薬を飲んで入る方は重大な副作用が出る可能性もありますので、服用は避けます。
個人輸入の場合は自己責任となりますので、それゆえに薬の特徴は十分理解し、正しく使えるようにしたいものです。

Comments are closed.